合同会社設立の電子定款作成の流れ

合同会社の定款作成の流れ

会社設立用の電子定款

会社を設立する時には必ず定款が必要になります。
従来の紙定款で定款認証をすると4万円の印紙税がかかりますが電子定款を利用することにより、印紙税4万円がかからず会社設立費用を節約することができます。

会社設立ひとりでできるもんでは行政書士と提携しておりますので、電子定款のみの作成及び電子認証を格安にて行うことができます。

電子定款作成代行費用

電子定款作成依頼をすると、自動的にお客様が入力された内容の定款が、担当行政書士に送信されます。

行政書士は受取った定款の内容をチェックし、電子署名をしてお客様にファイルを送信いたします。実際に電子署名された定款を見てみる

電子定款作成代行費用

電子定款認証にかかる費用は、弊社提携行政書士の電子定款作成代行費用、合同会社3,000円(現物出資がある場合は別途2千円)になります。詳細は電子定款作成代行費用をご覧ください。