会社設立、次は何をすればいいの? 会社設立ひとりでできるもんの会員登録が終わったら

会社設立ひとりでできるもんの会員登録が終わったら

会社の概要と期間設計の決定

次は発起人と取締役の印鑑証明を取得します。ここでいう印鑑証明とは会社の印鑑証明ではなく、個人の印鑑登録証明書となります。

会社設立をするときに必要な書類は印鑑証明のみです。住民票などは不要です。
※法人が発起人になる場合は印鑑証明のほかに登記事項証明書が必要となります。

印鑑証明の有効期間は発行日より3カ月です。
印鑑証明書は、住所登録または外国人登録をしている市区町村役場で取得できます。 印鑑登録をしていない場合は、先ずは「印鑑登録」をしないと印鑑証明書が取得できません。

発起人発起人全員の分が各1通必要です。 (公証役場で定款認証する際に提出)

取締役1通必要です。 (法務局で設立登記の申請をする際に提出)

発起人と取締役が同一人物でも提出先が違うため、別々に用意しておく必要があります。

※取締役会を設置する場合は発起人全員と代表取締役のみの印鑑証明です。取締役会を設置するには取締役3名監査役1名が必要です。

Step03