システムの流れに沿って進めると株式会社が間単に設立できます。

会社設立の流れ

会社設立の流れ
  1. 会員登録ページより必要事項を入力して、無料会員登録してください。
  2. 会社設立ひとりでできるもんにアクセスし、登録時のメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。
    その後、画面に従って「設立する会社名」 「資本金」 「事業年度」 「本店所在地」 「事業の目的」 「取締役」 「発起人」 「出資額」などを入力していただきます。
  3. システム利用料のお支払い
    利用料の決済後に、電子定款作成依頼ができます。
  4. 株式会社設立の場合の費用<>内は支払先
    • システム利用料 3,780円<弊社>
    • 電子定款 5,000円<弊社又は行政書士>(スタンダードコース利用)
    • 登録免許税 150,000円<法務局>
    • 公証人手数料 50,000円<公証役場>
    • 定款謄本代金 約2,000円<公証役場>
    • 合計 210,780円
      ※現物出資ご利用のお客様で電子定款の方は2,000円プラスになります。
      ※登録免許税・公証手数料・定款謄本費用などは弊社には支払わないようにしてください。
  5. 合同会社設立の場合の費用
    • システム利用料 2,160円<弊社>(キャンペーン料金)
    • 電子定款 3,000円<弊社又は行政書士>
    • 登録免許税 60,000円<法務局>
    • 合計 65,160円
      ※現物出資ご利用のお客様で電子定款の方は2,000円プラスになります。
      ※登録免許税・公証手数料・定款謄本費用などは弊社には支払わないようにしてください。
  6. お客様に申込み頂きましたシステムの機能(電子定款作成依頼・各種登記申請書印刷機能)を利用するには、費用のお支払いが必要になります。
    費用のお支払いは、弊社指定口座への振込又は、クレジットカード決済となります。お振込が完了しましたら、ログイン後のお支払報告フォームより、ご連絡をお願いいたします。
    クレジットカードもご利用になれますので是非ご利用ください。
  7. 会社設立ひとりでできるもんのご利用料金をお支払いいただきますと、お客様がお支払い頂きましたお申込みシステムの機能が利用出来るようになり、登記に必要な 「定款」(電子定款認証対応) 「本店所在地決議書」 「設立時代表取締役就任承諾書」 「取締役就任承諾書」 「払い込みがあった事の証明書」 「資本金の額の計上に関する証明書」 「設立登記申請書」 「OCR用申請用紙」 「委任状」 等の必要書類をクリックだけで印刷することが出来るようになり、同時に電子定款認証のお申し込みも出来るようになります。定款の文書は自動的に作成され、行政書士へ送信されます。
  8. 定款は公証役場で公証人に認証していただきます。認証前に公証役場で事前確認(半日~1日程度)を行いますので、通常は約20分程度で認証・定款の受け取りができます。電子定款の場合は、行政書士が必要書類を用意します。
    電子定款をご利用の場合は必要書類を持参して、受け取りに行くだけです。
    ※ 合同会社設立の場合は公証人による定款認証は必要ありません。
  9. 認証された定款とその他必要書類をもって、管轄の法務局に設立登記申請をします。(申請日が会社の設立日になります。)
    登記申請時に登録免許税が必要になります。法務局内の印紙売り場で収入印紙を購入してください。
    申請に不備がなければ、1週間前後で登記が完了します。(法務局の混み具合にもよりますので登記申請時に確認してください)
    登記申請から2日後くらいに法務局に補正が無いか?連絡して確認します。
    注意:設立にかかった費用は、必ず領収書をもらってください。設立準備金として経費計上できます。当然、当サイトの利用料も計上できます。
  10. 会社設立登記が完了いたしましたら、登記簿謄本、印鑑証明書などを取得して諸官庁に各種届出をしてください。(特に税務署)
    どこに何を届け出たらよいのかは設立後の届出書類一覧をご覧ください。

どんな会社ができるの? | なにをすればいいの?設定できる項目は?

ご利用料金はこちら | 都道府県別設立費用一覧

会社設立代行手続き 会員登録