多彩なオプションで柔軟対応


設立時の利用可能オプション

会社設立オプション

  ひとりでできるもんは、どなたでも簡単に利用できるようなシステムです。
通常の設立では行わない複数代表(2名代表など)資本準備金(株式会社のみ)、設立時同時支店設置、インターネット決算公告、代理権限証書(株式会社のみ)、払込同意書(株式会社のみ)、資本金払込領収書(合同会社のみ)等に、対応しております。

  ご利用オプションにより別途費用が発生する場合もあります。
尚、一般的な会社を設立する場合は、オプション利用は不要です。

オプション一覧

複数代表(2名代表)

オプション費用 3,240円(非推奨)
※ 株式会社は最大10名まで

通常、代表取締役・代表社員は1名ですが、これを複数置くことが可能となります。
また、代表印の登録も複数人可能です。

複数代表を利用する代表的なパターン

  1. 代表取締役・代表社員が海外在住で日本国において印鑑証明書の取得ができない場合
    主に経営管理(在留資格)の取得など
  2. 権限を全て同等にしたい場合(要注意)など

※ 複数代表は責任の所在が曖昧になり、銀行口座開設や融資に不利と言われています。

資本準備金
株式会社のみ

※ 資本金の株式払込剰余金

オプション費用 3,240円(株式会社のみ)
出資金の全額を資本金に組み入れない場合に利用します。資本金の2分の1まで可能です。

許認可の現金・預金要件のある労働者派遣事業を行うときなどに利用します。

資本金が大きくなると信用度は増しますが、税金面で高くなる場合があります。

設立時同時支店設置

オプション費用 3,240
※ 支店所在地が、管轄外の場合は1管轄毎に9,300円の登記費用が発生します。(支店登記の登録免許税+登記手数料)
※管轄内・管轄外・支店数に制限はございません

設立と同時に支店設置する場合に利用します。

設立後の支店設置費用は、6万円以上になります。

インターネット決算公告

オプション費用 3,240円(非推奨)

決算公告のみをインターネットで行います。
登記事項証明書(登記簿謄本)に記載されますので、決算公告用URLの取得・登録が必要です。
通常は官報に掲載する方法となります。
※ 弊社システム利用者の99.9%以上が官報です。

1株の価額
発行可能株式総数
株式会社のみ

オプション費用 3,240円(非推奨)

通常は1株を1万円又は5万円から選択可能、発行可能株式総数は5000株(固定)です。1株の価格・発行可能株式総数を変更する場合に利用します。
中小規模の会社で1株の価格を変更する意味はありません。

代理権限証書
株式会社のみ

オプション費用 無料(株式会社のみ)

発起人が出資金を払い込む銀行口座をお持ちでなく、発起人以外の取締役等の銀行口座を利用して資本金の払込をする場合に利用します。

資本金の払込同意書
株式会社のみ

オプション費用 無料(株式会社のみ)

資本金の払込は定款作成日以降ですが、資本金の払込を定款作成日よりも前に行いたい場合に利用します。

資本金の払込領収書
合同会社のみ

オプション費用 無料(合同会社のみ)

合同会社の設立で資本金の払込を銀行口座以外で受取る場合に利用します。

 

オプションのお申込み方法

電話(03-5954-3900)またはお問合せより利用されるオプションをお知らせください。

会員登録