会社設立の書類作成と電子定款、現物出資対応


定款認証 紙定款コース(昔からの方法)

紙定款での認証の流れ

  1. 「ひとりでできるもん」のシステムで、必要事項を入力、定款を作成・印刷します。
  2. 定款認証を受ける公証役場(本店と同じ都道府県内)に、定款依頼の電話をします。
    公証役場は全国の公証役場一覧をご覧ください。
  3. 印刷した定款と発起人全員の印鑑証明書を公証役場にFAX等で送信します。
    公証人に定款の内容を事前に確認していただきます。
  4. 公証人は、定款の内容を確認します。
    不備があった場合は指示に従い入力を修正してください。
  5. 公証人の確認が終了したら、定款認証日を公証人と決めます。
  6. 「ひとりでできるもん」のシステムから、定款認証用に定款を3部印刷して、定款認証日に持参する物を準備します。
  7. 郵便局で4万円の収入印紙を購入してください。(収入印紙は貼らずに持参
  8. 公証役場に発起人以外の代理人が行く場合は、「ひとりでできるもん」で代理人の委任状を印刷して、発起人が実印で押印してください。
  9. 定款3部、委任状(発起人以外の代理人が認証する場合)、発起人全員の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)、代理人の顔写真付き身分証明書(運転免許証など)、4万円の収入印紙、認証手数料(現金)5万2千円を公証役場に持参します。
  10. 収入印紙を貼付した定款1部は、公証役場に保管されます。他の2部に認証済みの用紙が貼り付けられ、そのうち1部を法務局(設立用)に提出、もう1部を会社で保管します。設立後に銀行等との取引などに保管用定款のコピーを提出します。
会社設立代行手続き 会員登録