外国人の会社設立と投資経営ビザについて

投資経営ビザ

投資経営ビザのご案内(相談無料) 【投資経営ビザとは

ss-200712180652466465.jpg会社設立の依頼の中で最近目立って多くなってきたのは外国人による会社設立です。
その中でも「投資経営ビザ」取得のために会社設立する方も大変多くなりました
 
多くの日本人の方には馴染みがない言葉だと思いますが、「投資経営ビザ」は外国人の方が日本において会社等を設立して経営者になって方が取得出来るビザの種類のことです。
 
では、会社設立をすればそのビザがすぐに取得できるのか?というと決してそうではありません。
「投資経営ビザ」は数種類あるビザの中でも取得難易度が高いビザです。取得しにくいということではなく、条件を揃えるのに少々手間がかかり、面倒であるということです。
逆にいえば、条件さえ揃えば取得できるビザなのです。

このビザを取得するためには、会社設立をするのが一般的ですが、どんな会社でも良いということはなく、年間500万円以上の投資が必要となります。これが最低かつ絶対条件であります。
しかも、投資経営ビザ取得希望者にとって無理のない事業内容や開業場所及び設立時期など、検討しなくてはならないことはたくさんあります。
 
「会社設立ひとりでできるもん」では、外国人の方の「投資経営ビザ」取得のために
提携行政書士による相談及び手続き代行を行っております。
 
中国人スタッフによる中国語による御相談も対応可能です。
平日9:30~4:30
TEL:03-5954-3900
 
また、通訳がおりますので、来社によるご相談(面談)も受け付けております。
ご予約をしていただければ、上記時間及び平日以外も対応いたします。
 
ぜひ、よろしくお願いいたします。