秋田県で合同会社を設立した場合の費用と内訳


秋田県内で合同会社を設立する場合の費用:ひとできをご利用の場合

当サイトを利用して秋田県内で合同会社を設立した場合の費用になります。
弊社にお支払いいただく費用は、システム料金2,160円と行政書士費用3,000円です。
順番は、システムに会社情報の入力→料金のご案内→会社設立システム利用料・電子定款代行料(弊社)→登録免許税(法務局)になります。

※ 合同会社の設立は、公証役場での認証は不要です。
秋田県内で合同会社を設立した場合の費用
秋田県内、合同会社設立65,160円

秋田県内の合同会社設立費用

設立費用項目 費用 お支払先
合同会社設立システム利用料
2,160円
HTDK
電子定款作成代行料*現物出資の場合は+2千円
3,000円
行政書士
登録免許税(資本金871万円以下の場合)
60,000円
法務局
合  計
65,160円
 
※登録免許税 資本金×1000分の7か6万円の高い方

会社設立する際にお客様にやって頂くこと

  • 代表社員になる方の印鑑証明の取得(他の社員は不要)
  • 社員になる方が法人の場合は登記簿謄本(同一管轄の場合は不要)
  • 新しく設立する合同会社の代表印の作成
  • 合同会社設立情報入力
  • 合同会社電子定款をCD-Rに保存
  • 登記書類の印刷(全て当サイトで印刷できます)
  • 資本金の払い込み
  • 合同会社の設立登記申請(法務局)
 
会社設立代行手続き 会員登録

秋田県内で設立したお客様の声【2件】

初めての代表社員 社長   |   男性   |   35~39歳     
5つ星
本で勉強はしたものの、最終的にはこのサービスを利用しました。いままでひとりでいろいろ悩んでいたことが、バカバカしいくらい簡単に書類が作成でき、簡単に会社を設立することができました。本当、ありがとうございました。
ojiji 社長   |   男性   |   55~59歳     
5つ星
法務局で印紙を貼る位置を下の方に訂正されました。持っていく書類で現物出資がない場合は「資本の額に関する証明書」は不要です。以上の問題がありましたが、100km離れた法務局まで行って1回で登記が出来ました。満足しています。税務署、社会保険の方が大変そうです。頑張ります。