会社設立の書類作成と電子定款、現物出資対応

保険関係成立届とは

労働保険(労災保険・雇用保険)に加入するには、保険関係成立届を所轄の労働基準監督署又はハローワークに提出しなければいけません。

労災保険とは、労働災害に備える保険で、雇用保険は失業に備える保険です。労働保険とは、『労災保険』と『雇用保険』の2つをまとめた総称であり、労働者を1人でも雇用する事業主は業種に関わらずこの労働保険に加入しなければなりません。また『労働者』とはアルバイト、パートタイマー従業員も含みます。労働保険は、他の公的保険と異なり、個人単位ではなく事業単位で適用されます。つまり各事業ごとに保険関係が成立します。この『事業』とは、一定の場所で一定の組織のもとに、有機的に関連性を持って行う作業を言います。

簡単に言うと1つの会社であっても、本社、支店、工場等に事業所が分かれていれば、それぞれが個別の事業として扱われます。保険給付は、『労災保険』と『雇用保険』で別個に行われていますが、保険料の徴収等については労働保険として、原則的に一体のものとして取り扱われています。

労災保険とは労働者が業務上の事由又は通勤によって負傷したり、病気になったり、あるいは死亡した場合に被災労働者や遺族を保護するために必要な保険給付を行うものです。 また、労働者の社会復帰の促進など、労働者の福祉の増進を図るための事業も行っています 。

雇用保険とは労働者が、失業してしまった場合に、その生活を守り、早く再就職出来るように援助すること、また定年後の再雇用などにより賃金が低くなってしまったことで会社を退職しなくていいように援助し、さらに働く能力を伸ばす支援をすることを目的とした保険です。
会社設立の申請書類一覧