インターネット上で、入力すると無くしてしまった定款を簡単に作成できます。


定款再作成について

電子定款・紙定款に関係なく再作成

ひとりでできるもんで、簡単に株式会社・有限会社・合同会社の定款の再作成ができます。

作成方法は法務局で履歴事項証明書(登記内容を確認用)を取得していただき、ひとりでできるもんの変更登記システムに入力することにより、簡単に現行の定款を作成することができます。

また、同時に株主総会、社員総会での決議書面も作成できます。

新しく作成した定款が、最新の会社定款となります。設立時の定款は別途保管してください。

関係各所から定款の提出を求められた場合、新しく作成した定款を提出すれば、全く問題ございません。

また、設立時の定款が、「電子定款」「紙定款」にかかわらず再作成できます。
※ 大会社でなく、株券不発行、株式の譲渡制限付きの会社に対応!
 種類株式には対応しておりません。
ご不安な場合は03-5954-3900まで!

ご利用には無料会員登録が必要です。入力は全て無料です。

会社設立代行手続き 会員登録

定款再作成に必要なもの

定款再作成に必要なもの

ひとりでできるもんで定款を再作成するのは非常に簡単です。

最初にご用意いただくものは、法務局で取得できる履歴事項証明書(登記簿謄本)をご用意ください。履歴事項証明書は内容を転記するために必要なため、現在の登記事項が記載されているものであれば、新しく取得する必要はありません。
※履歴事項証明書はどこにも提出しません。

定款再作成の流れ

無料会員登録~ログイン後に、変更登記システムへ履歴事項証明書(登記簿謄本)の現在事項を入力します。

履歴事項証明書に記載されていない事項を入力するのは2項目です。
「役員の任期」(株式会社のみ)
「事業年度」

再作成された定款を印刷

入力完了後は、ご利用料金7,560円の決済をしていただき、再作成した定款が印刷できます。

<作成できるもの>
・株主総会議事録又は総社員の同意書(会社形態によって異なります)
・再作成された定款
※再作成した定款を法務局に提出する必要はございません。

印刷されたものをホチキス等で綴じて会社の代表印で全てのページに契印し、最後のページに押印していただければ、正規の定款となります。

会社設立代行手続き 会員登録