助成金は返済しなくてよいお金なので会社設立の際に利用しましょう。

助成金とは

助成金とは、国などの公的機関から、一定の条件を満たした法人や個人に支給される、返済不要の資金です。

国から支援を受けられるものには、助成金の他に、補助金や公的融資と呼ばれるものがあり、
補助金は主に経済産業省が所管しており、研究開発やIT企業など特殊で専門的な分野を対象としとしています。補助金は公募制が多く審査が行われますので、条件を満たせば誰でも貰えるものではありません。審査を通過すれば返済不要で国から支給されます。
公的融資は日本政策金融公庫の新創業融資などから低金利で融資を受けることができますが、返済が必要になります。

助成金を大まかに分けると、次の3つに分類する事ができます。

世間一般的に助成金と呼ばれているものは厚生労働省で取り扱っているものを助成金と呼びます。

助成金は一定の条件を満たしていれば、受けることができますが、あくまでも使用したお金に対して支払われるということなので申請すればいただけるというわけではありませんのでご注意ください。
尚、助成金をもらうために会社設立するのはお勧めできません。


会員登録