会社設立の書類作成と電子定款、現物出資対応

3分でわかる電子定款認証!(ひとりでできるもん・スタンダードコース)

  1. 会社設立情報入力完了。お客様
  2. 電子定款作成依頼ボタンをクリック。お客様
  3. 定款は提携行政書士に自動送信。お客様
  4. 発起人全員の印鑑証明を弊社提携行政書士にFAX・電子定款作成代行料金を提携行政書士に振込(振込先は自動返信メールに記載されております)お客様
  5. 提携行政書士は事前に公証人宛に認証前の定款をファックスし、定款の内容や認証日時について打ち合わせをします。行政書士
  6. 公証人からOKがでたら、定款をPDF化して、定款に行政書士が電子署名。行政書士
  7. 行政書士が電子署名した定款を法務省オンラインシステムで法務省を経由してお客様が出向かれる公証役場に送信。行政書士
  8. 公証人と打ち合わせた日時に必要書類と空のフロッピー(磁気記録媒体USBメモリCD-R等)などを持参して、公証人が電磁的記録に認証をし、末尾に認証文がついた定款をCR-Dやフロッピー等と定款の謄本2通をて持ち帰ります。お客様
  9. 電子定款認証完了!

以上が基本的な流れです。

※お客様が公証役場に行かれるのは、たった一度だけです。
 必要書類、公証人手数料と磁気記録媒体をお持ちになり、取りに行くだけになります。