キャリアアップ助成金の申請書がWEB上で簡単に作成できます。

人材育成コースの流れ-キャリアアップ助成金

1.キャリアアップ計画の作成・提出

・雇用保険適用事業所ごとにキャリアアップ管理者を配置します。本社のみで雇用保険に加入している場合は代表者がキャリアアップ管理者でも構いませんが、雇用保険を複数の事業所で適用している場合兼任ができませんので、どなたか別にキャリアアップ管理者になって頂く必要があります。必要な知識と経験があれば特段資格などは不要です。

・役員や管理職以外の従業員代表者(挙手などで選出)の意見を聴いてキャリアアップ計画を作成し、所轄の労働局長の確認を受けます。提出先は所轄のハローワークになっていることがほとんどです。提出は1部のみで構いませんが、表紙に捨て印を捺印しておかないと提出時に訂正ができなくなります。

・キャリアアップ期間開始1ヶ月前までにキャリアアップ計画を提出しなければいけません。
・遅くとも訓練開始の1ヶ月以上前までにはキャリアアップ計画の提出が必要です。

2.訓練計画届の作成・提出

・キャリアアップ計画に基づいて訓練計画届を作成し、訓練開始日の1ヶ月以上前までに提出します。キャリアアップ計画と同時に提出することも可能です。
・訓練計画届の提出から6ヶ月以内に訓練を開始する必要があります。

3.キャリアコンサルティング(有期実習型訓練の場合のみ)

・訓練開始日までに訓練受講者がジョブ・カードを作成したうえで、ジョブ・カード作成アドバイザーによるキャリア・コンサルティングを受ける必要があります。

・一般教育訓練等、有期実習型訓練以外のコースではキャリア・コンサルティングは不要です。

4.訓練の実施

・訓練計画届に基づき訓練を実施します。変更がある場合に変更届を提出せずに訓練を進めてしまうと不支給になる可能性があります。

・変更がある場合は、変更内容が生じる前までに「計画変更届」を提出します。

・訓練にかかる費用や、訓練中の給料を全額会社が支払う必要があります。領収書(収入印紙の添付漏れに注意)、振込通知書、請求内訳書などの支払を証明できる書類の提出が必要となります。

5.訓練開始届の提出

・訓練開始日の翌日から1ヶ月以内に「訓練開始届」を提出する必要があります。

6.訓練修了・支給申請

・職業訓練計画実施期間の終了した日の翌日から2ヶ月以内に支給申請が必要です。
・訓練に参加した方の出勤簿またはタイムカード、給与台帳、雇用契約書などのコピーを提出する必要がありますので、適正な労務管理が必須となります。

・定型の報告書等の作成が必須となりますので、あらかじめ作成をお願いします。

7.支給決定

・支給決定書が郵送され、助成金が振り込まれます。

・時期や混み具合にもよりますが、おおむね2ヶ月から3ヶ月程度はかかるとお考えください。

会員登録